オープン就労に備えて

今私は、介護系の職業訓練校に半年間通っている。
その受講期間も、残すところあと1ヶ月となった。

受講終了後は介護関係で就職するつもりだが、障害者枠で介護職の求人はないため一般職の募集枠で探し、応募予定であり、今回は初めて「オープン就労(※)」をしようと思っている。
(※オープン就労=初めから発達障害であることをカミングアウトしての就労)

面接での発達障害の表現については、「こうやってお話する分にはわかりにくいかもしれませんが、チームで行動するにあたり人一倍不器用で要領が悪くきっとかなりご迷惑をおかけするかと思いますが、もちろんそうならないための努力と工夫を怠らないよう心がけます」と言おうかなと思っている。

そして、そのあたりもう少し詳しくと突っ込まれたら、更に詳しく自分の特性と行動傾向の顕著なところを、差し障りない表現で伝えようかなと思っている。

例えば
「どうしてもケアレスミスが多いと言われ、どれだけ入念に確認しても確認漏れが出てしまうようです」
「時間の見積もりに関して非常に不得意な事が多いです」
「例えば聞きながら同時にメモをとるなど一度に複数の処理をするのは非常に不得手ですね」
…といった感じで説明しようかな、と。


「短所」と「それを補うための努力や心構え」についてはセットで伝えた方が
現状とやる気を同時に伝えられ、嘘や大げさもなくマイナスイメージも最低限に抑えられて良いかなと思っている。
不必要な期待もあきらめもされたくはないし。

とにかく面接では極力、嘘や大げさのないリアルな等身大の自分を誤解なく伝える事につとめたい。
その職場に入った後のために。
自分と同僚になる人達、両方のためにも。互いに協力して快適に仕事が出来るように。
必要な情報をわかりやすく伝えられたらと思う。

何にせよ、就職活動、頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!ADHDの、ADHDによる、ADHDのコミュニティ・サイト「ねこままカフェ」運営およびイベント主催しております、「NPOチームねこまま」代表ADHDのねこままです! コンセプトは「JOIN」=“参加”です! 誰が上でも下でもありません。 みんなが主役、主人公です。 自分のやりたいこと、得意なことに夢中になって取り組む、その事こそが自分達を活かす、ここはそんな場所です。 それぞれの知恵や特性、能力が活きる、活かせる、そんな活動を、みんなで模索しながら、アイデアを出し合いながら、みんなが成長していける、そんな場所になることを目指しています。 当事者会を中心に、当事者一人ひとりの自己実現を目指し、当事者同士の情報交換や啓発し合える場を作っていきます♪