ネットの世界

ネットの世界は· · ·脅し文句に溢れていると思いませんか?

たとえば、
女性が恋に悩んでいたとします。
片想いで自信がなくて、
そんな自分を何とか変えたいと
どうしたら恋がうまくいくだろう、と。

淡い期待と、答えを求めて、
思わずネットの世界の中に
その疑問を放り込みます。

今は、色々なアドバイスをするブログも多く、
恋愛指南者と称する方も沢山います。

よく見るのが、
「心が美人な人と心がブスな人」· · ·とか。
タイトルで、
ちょっとドキッとしたりしませんか?

「心が美人」な方の人は、
ちょっとした気遣いができるとか、
笑顔が絶えずまわりを明るくするとか、
素直で可愛げがあるとか· · ·
確かに、そんな女性ならモテそうです。

「心がブス」な人の例として書かれている、
「自分に自信がない」とか「自分を卑下する」ことの、具体的な例として、
これほんとに見飽きるほどによく書かれてるんですけど、
「どうせ私は· · ·」という女性は、
そんな女性を誰も魅力的だとは思いません、というくだり。よく見ませんか?

これを読んだ時に、ふと、
「あ、私だ· · ·」
と思ったとします。
その瞬間、すでに、
負のスパイラルの入口に
立ってしまったことないですか?

「私だ· · ·」と思った瞬間、
この例で行くところの
ダメな例、ダメなパターンに
合致しているなぁ、と感じます。
すると同時に「やっぱり私みたいな女は· · ·」
と、自信が下がっていってしまって、
「やっぱり、どうせ、私なんて· · ·」と、
ふと感じてしまって、ハッとします。
「· · ·そう考えるのが、余計ダメなんだ!」
すでに考えてしまいました。

どうしましょう。

考えないようにしよう、
自分なんて、なんて、考えないようにしよう、
ああ· · ·でも、
そんな風に考えてしまう自分はやっぱり
心もブスなんだ、
好かれないんだ、
こういう気持ちからも抜けられないんだ· · ·

気づくと、
せっかく良くなろうと思って調べた結果すら
あなたのことをダメな女と思わせてくる。
思えば思うほどツラい。
何とかしたい。
何とかならない。
どんどんつらくなる。
そして負のスパイラル· · ·

よく、Q&Aとか、質問箱とかありますね。
身近に相談できる人がいない、
誰が、共感してくれる人はいないか?
広い世の中に発信すれば、
中には、適切な答えを返してくれる
親切な人がいるのではないか?
そう思って、
自信がなくて、不安な悩みを、
思い詰めて、質問してみます。

返ってきたコメントは、
「そもそもそんな考え方をするあなたに問題があるのでは?」
「ここでそんなことを聞く前にあなたの努力が足りないのではないでしょうか?」
「私はあなたよりももっと大変な目にあっていますが我慢していますよ。あなたの悩みなんて大したことではないです」
こんな回答の羅列を、見たことないですか?

書き込んだ人は、
誰か相談に乗ってくれる、
優しい人が、
何かアドバイスをしてくれる
· · ·そんな淡い期待を抱いて、
勇気を出して、書き込んでみたんです。

確かに、
アンサーした人達は
「他力本願」
「人に頼らないで、自分でもっとなんとかしなさいよ」
「甘えてんじゃないの」
そういう批判的な気持ちがあるのでしょう

でも、思い切って質問を投げかけた人は、
そのアンサーを見て、
「そうだ!もっと自立しなきゃ」
「はげまされて、元気出た!」
· · ·とか、思うでしょうか?

たとえ、自分で書き込まなかった人でも、
同じ悩みを持つ人が、
検索してたどり着いたQ&Aに、
同じ期待をしてアンサーを読む

そうしたら、
悩んでいる人を責めたてる
辛辣な批判が並んでいる

読んだだけで、
気分が暗くなりませんか?

もっとひどいアンサーもあります。
質問者の人格否定するような、
無意識に心を傷つける言葉の数々。。
それがまた、
明らかにあからさまな悪意とわかっていれば
腹を立てたりも出来るものを、
アンサーの書き手が、
さも、相手のために言っているような
親切心からのアドバイスとして、
キツイ言葉を返している。

「あなたはそんなのだと、ろくなことにならないよ」といったような。
「そのままだと、みんなに嫌われるよ」
「あなたみたいな人はみんな嫌いだよ」
変わった方がいいというアドバイスのつもりなのか、それで励ましてるつもりなのか、
まるで、エールを装った人格否定。。。

· · ·これが、一番ハートにきつい。

親切心で言っている、というアピールをされると、聞かざるを得ない。
聞き入れてしまうと、心に入る。
棘かあるから、心は傷つく。

アンサーのダメージに返す言葉がない所に、
「せっかくみんながこうやって親切にアドバイスしてくれているのに、何もコメントを返さないのなんて、失礼だと思います」
「やっぱりそういうところが自分勝手なんじゃないですか」
「やっぱり、そういうところが、社会で受け入れられない原因じゃないでしょうか」
· · ·さらに、追い打ちアンサーが来ます。

これは· · ·脅し文句では、ないのでしょうか?

私は読んで、
自分が質問した訳でもないのに
傷ついて吐き気がして、
時には涙が出たりします。

時々、読んだダメージで、
しばらく立ち直れなくなったり· · ·。

悩んでいる人というのは、
心の状態としては、弱っている状態。

なのにこんな辛辣なコメントのオンパレード。
しかも、それに礼がないと責められて。

弱り目に祟り目、とはこういうことではないですかね。

· · ·なんか、いじめに見えませんか?

でも、世の中はこんな空気は至る所にあり、
リアル社会では、口に出さずに心で思っていたりすることも、
ネットだと、顔が見えないし、
誰が言っているかもわからないから、
日頃の腹いせも含めて
言いたい放題ぶつけられる。

ぶつけられる方の気持ちなんて、
お構い無しに。

リアルでもネットでも、
言葉の刃の痛みは同じ。
文字で何度も目に入るネットの方が
何回も言われ続けているようで
もっとつらい。

ネットだからこそ、
優しい言葉を掛けてあげられる、
そんなネット社会に
していきたいですね。
顔の見えない相手だからこそ、
見えない分、思いやれたら
本当に、心を込めたアドバイスが
送ってあげられたら。
たとえ、それが的確でなくても、
優しさと思いやりは、
文面からつたわってくるもの。

デジタルだけど、
ネット社会にも、
もっと温かさが
必要だと思う、今日この頃。

とはいえ、
油断すると、
うっかり自分も無意識に
他人を批判する書き込みをしてしまっている可能性があるから。

みんなで意識し合っていこう。

呪文のように「思いやり」「優しさ」と
となえながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!ADHDの、ADHDによる、ADHDのコミュニティ・サイト「ねこままカフェ」運営およびイベント主催しております、「NPOチームねこまま」代表ADHDのねこままです! コンセプトは「JOIN」=“参加”です! 誰が上でも下でもありません。 みんなが主役、主人公です。 自分のやりたいこと、得意なことに夢中になって取り組む、その事こそが自分達を活かす、ここはそんな場所です。 それぞれの知恵や特性、能力が活きる、活かせる、そんな活動を、みんなで模索しながら、アイデアを出し合いながら、みんなが成長していける、そんな場所になることを目指しています。 当事者会を中心に、当事者一人ひとりの自己実現を目指し、当事者同士の情報交換や啓発し合える場を作っていきます♪